2011年04月21日

プロダクション紹介!-D学芸班-



P3040233.JPG

学芸班:(左から)佐々木琢、川上直毅

イギリスにいる作者のエドワード・ボンドに英語でのレポート、
作品に関わる文献のリサーチ、イメージの作成、脚本の訂正チェックなどに忙しい毎日を送っています。
昨今の演劇界でも名前が聞かれるようになった『ドラマトゥルク』というポジション。
役者でも演出でもない、独立した立場にいる彼らから出てくる意見が、より豊かな稽古場を作りだしています。

制作班 砂川史織
posted by アカデミー1期生 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

Production introduction-part4:cast-

P3040256.JPG 
[Cast]
First line from right: Mana Yumii, Noriko Yamamoto, Mafumi Kuroda, Haruko Ooyama
Second line from right:Hidetomo Araki, Shuuko Adachi, Yoko Hattori, Kenji Shimada
Third line from right: Rie Hokura, Sachiyo Motoki, Kai Shimomura, Kiyofumi Yamamoto

How to remember the lines, voice, production, body training…with all these skills they learned during this  2 years, they are challenging this creation. Rehearsal room is always full of their energies!

Though their age gap is big,
from 22 yo to 42!They are a good team. They always spend time on honest communication when they discuss the play.

Do not miss to see their performance on the stage! Please also enjoy the booklet you can get on the performance days. It introduces their detailed profile.


Assistant prodcution coordinator
Shiori Sunagawa
 
posted by アカデミー1期生 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロダクション紹介!-Cキャスト編-

プロダクション紹介、四回目はついに!キャストの紹介です!!
担当は、修了上演制作班の砂川史織です。
P3040256.JPG

[キャスト]
一列目右より、弓井茉那 黒田真史、山本称子、大山晴子
二列目右より、荒木秀智 安達修子、服部容子、島田健司
三列目右より、保倉りえ、本木幸世、下村界、山本清文

セリフの覚え方から、発声、歌、身体の使い方など、2年間アカデミーで学んだことを実際どうやって活かすか試しながらの緊張感あふれる稽古場です。

下は22歳から上は42歳!という年齢の幅がありながらも、とても仲が良く、日々の稽古での議論ではお互い遠慮は一切ありません。劇場創造アカデミーならではの役者たちに、どうぞご期待ください。なお、当日の上演パンフレットにより詳しい個人のプロフィールが掲載されますので、そちらもお楽しみに。


制作班
砂川史織

posted by アカデミー1期生 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

Restart

We restarted the rehearsal on 15th April.
For the first week, we will be rehearing Part 2 "The Tin Can People" .

During this one-month intermission, The meaning of performing this work has been radically changed.
We strongly realized the theatre cannnot be apart from society itself.

I think many theatre people who faced this kind of clitical situation might have same feeling as us, and thats why theatre has been changed until now.

Since the war trilogy depicts the world after nuclear wars, we discussed the situation in the the world about holding nuclear devices. But only after we got involved in the catastrophes, we realized we can open our eyes to our problems. 

Director Ikuta said "We cannot trace what we have done so far, we have to create a new work."

Assitant production coordinator
Yoshiko Maeda
posted by アカデミー1期生 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。